LG電子は6年にわたり赤字を計上しているスマートフォン事業から撤退する案を本格的に検討しているという。

LG電子関係者は20日、「スマートフォン事業の現在と未来の競争力を冷静に判断し、最善の選択をすべき時期が来たというのが経営陣の意思だ。スマートフォンを担当する『MC事業部』を縮小し、他の事業部門に編入させるか売却するなどあらゆる可能性を検討している」と述べた。米家電・IT見本市のCESで好評だった「ローラブルフォン」など一部の高級スマートフォンだけを残す案、海外工場を売却する案などが検討されているという。

これに先立ち、先週末から証券業界やIT業界では、LG電子がスマートフォン事業から撤退するといううわさが広がっていた…
続きはソース元で
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/21/2021012180001.html

続きを読む

Source: IT速報

スポンサーリンク



おすすめの記事