プログラミング
1:風吹けば名無し 2022/01/15(土) 16:41:04.06 ID:+nIMroJmd

「夢のようなオファーをもらった」。ベトナムの最大都市ホーチミンで、エンジニアとして働くクオンさん(27歳)の声は弾んでいた。2022年1月に英国に渡り、大手IT(情報技術)企業に就職する。提示された月収は約5400ポンド(約81万円)。現在は23万円弱なので、一気に3倍以上に膨らむ計算だ。

 クオンさんは3年前まで東京都内のITベンチャー企業で働いていた。ベトナムの理系大学を卒業後、日本語学校の留学生として来日。週28時間以内のアルバイトが認められ、エンジニアとしての技術を磨いた。クオンさんは「社を挙げたプロジェクトの中心チームにも加えてもらい、やりがいがあった」と語る。

 仕事が気に入ったクオンさんは日本語学校をやめ、アルバイト先に就職した。雇った社長も「日本人の社員4~5人分の業務を簡単にこなすほど優秀だった」と振り返る。

ただ、残業を目いっぱいしても月収は20万円をわずかに超える程度…
続きはソース元で
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00155/121000059/

続きを読む
Source: IT速報

スポンサーリンク



おすすめの記事