1: 稼げる名無しさん 2020/10/24(土) 19:30:36.08 ID:ODBbs79m9.net
 麻生太郎副総理兼財務相は24日、新型コロナウイルス対策の一環として国民1人あたり10万円を配った特別定額給付金について、「その分だけ(個人の)貯金が増えた」と述べ、消費を喚起する効果は限定的だったとの見方を示した。福岡市で開いた自身の政治資金パーティーで語った。
 麻生氏は講演で「(個人の)現金がなくなって大変だというのでこの夏、1人10万(円給付)というのがコロナ対策の一環としてなされた」と説明。その上で、給付金の効果について「当然、貯金が減るのかと思ったらとんでもない。その分だけ貯金が増えました」と主張した。さらに「カネに困っている方の数は少ない。ゼロじゃありませんよ。困っておられる方もいらっしゃいますから。しかし、預金・貯金は増えた」と重ねて強調した。
 麻生氏は10万円給付の決定前、リーマン・ショック後に実施した2009年の定額給付金は効果がなかったなどとして、一律給付に反対する考えを述べていた。だが、減収世帯への30万円給付案に反対する公明党などの要求を受け入れ、政府として10万円給付の実施に転じた経緯がある。(枝松佑樹)
朝日新聞 2020/10/24 18:47

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

ネットでは反論も多いけれど、9月の日銀レポートを見ると家計預金は確かに大幅に伸びているのかなと。
ただ給付があった時には消費も増えたという報告もあったお。
yaruo_asehanashi

 まぁ最終的に政府が意図したほどの効果は出ていないのかもな。
 ただまぁコロナ禍でも増税や社会保険料増により預金の大切さを感じた人も多いという意見もある。
 給付金がなければさらに景気が悪化していた可能性もなくはないので、そのあたりは慎重に見ないとかなとも思うけれどな。

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報

スポンサーリンク



おすすめの記事