1: 稼げる名無しさん 2021/01/13(水) 17:36:32.37 ID:bV+qNOGR0●.net BE:789862737-2BP(2000)
[香港 13日 ロイター] - 米資産運用会社バンガード・グループは、米政府が中国人民解放軍とのつながりがあるとみなした企業への投資を禁止したことを受けて、一部の中国銘柄を売却したことを明らかにした。
昨年11月12日に公表されたリストに基づいて、今月8日から売却を進めたとしている。同社は「制裁対象の証券が追加される中、大統領令を順守するため、引き続き情勢を注視していく」と表明した。これ以上の詳細は明らかにしていない。
これに先立ち、ブラックロックなど他の米資産運用会社も、投資禁止措置を受け、中国銘柄を売却したと表明。指数算出サービスのMSCI、FTSEラッセル、S&Pダウ・ジョーンズも制裁対象となった銘柄を指数から除外している。
2021/1/13 16:16
運用資産は6兆3000億ドル(約655兆円)

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
このあたり見ていて本当に中国企業株は不味くなる可能性があるんじゃないかなぁと。
今は大丈夫だけれどNIOとかももしかして・・・。
yaruo_asehanashi

 そのあたり不安視している方もいらっしゃったりするな。
 個人的には中国と米国の力が逆転し始めた時、さらに酷い対応が起きたりしないかも不安か。

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報

スポンサーリンク



おすすめの記事