楽天は、4月から社名を「楽天グループ」に変更することが28日、分かった。

ネット通販のイメージが浸透しているが、近年は携帯電話や金融など事業の多角化が進み、傘下に150社以上の連結子会社を抱えることから、グループの司令塔としての役割を明示する狙いがある。

同日午前に開いた取締役会で決議した。グループのトップは、三木谷浩史会長兼社長が続投する。

楽天は…
続きはソース元で
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210128-OYT1T50222/

続きを読む

Source: IT速報

スポンサーリンク



おすすめの記事