1: 稼げる名無しさん 2021/01/09(土) 20:37:59.30 ID:41OeARVf9.net
仕事の減少により生活費に困っている場合
 休業などにより一時的な資金が必要な場合や、失業などにより生活の立て直しが必要な人に対し、生活資金を貸し付けを実施している。緊急小口資金は上限20万円、総合支援資金は1月あたり上限20万円を3か月分までの貸付が可能。
 また、家賃についても、家賃相当額を3か月分(最長9か月)支給する「住居確保給付金」制度を用意。なお、令和2年度中の申請の場合、最長12か月分の支給となる。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 貸付のところが抜き出されているのでスレ内では「くれよ」の嵐だけれど

>また、中小企業に勤務する人で、会社から休業手当の支払いを受けられない場合、日額上限1万1,000円として、休業前の賃金の8割を支給する。

 とあるお。
 中小企業勤務で休業手当が受けられない人は利用を検討してみてもいいかも。
 また住居確保給付金に関しても貸付ではなく支給とあるお。

acha

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報

スポンサーリンク



おすすめの記事