1: 稼げる名無しさん 2021/05/10(月) 17:37:50.70 ID:wufxq6LL0.net BE:422186189-PLT(12015)
トヨタが水素エンジンでレースに挑む深い意味
EV化だけがカーボンニュートラルの解ではない
4月28日朝、来る富士24時間耐久レースの公式練習走行日となっていた富士スピードウェイのいちばん端のピットでは、この日が実質的な初走行となるマシンの走行準備が着々と進められていた。そのマシンこそ、前週22日にトヨタ自動車の豊田章男社長、そして同社GAZOO Racingカンパニーの佐藤恒治プレジデントによる会見で突如発表された、水素エンジンを搭載した「カローラスポーツ」をベースとするレーシングカーであった。
トヨタで水素と聞いて真っ先に思い浮かぶ燃料電池自動車(ちなみにFCV)は高圧タンク内に貯蔵した水素を酸素と化学反応させて生み出した電気を用いて、電気モーターで駆動する車両だ。
対する水素エンジンは、水素をガソリンなどと同じように燃料として、内燃エンジンで燃焼させて使用する。
img_a0ef2232924cb863b1c38c550d678f01320716
1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku
個人的にEVって今一つピンと来ないからトヨタには頑張って欲しいお。
yaruo_asehanashi

 世界では急速にEV化の波が来ているが果たしてどうなるかな。

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報

スポンサーリンク



おすすめの記事