47

ソニーは、ミラーレスカメラ「α1」(ILCE-1)を3月19日に発売すると発表した。2月2日より予約開始、価格は90万円前後。

ソニーは、有効約5010万画素の高解像でAF/AE追従最高30枚/秒のブラックアウトフリー連続撮影を実現し、α™(Alpha™)として初めて8K30p動画撮影に対応するフルサイズミラーレス一眼カメラ 『α1』を発売します。本機は、解像力とスピード性能の高い次元での両立と、撮影から納品までの高効率ワークフローを実現したプロフェッショナル向けの1台です。

『α1』は、新開発のフルサイズ有効約5010万画素 積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™(エクスモアアールエス)と、従来比約8倍の処理性能をもつ画像処理エンジンBIONZ XR™(ビオンズエックスアール)などの最先端イメージング技術を結集しました。約5010万画素での最高30コマ/秒のブラックアウトフリー撮影※3や最大120回/秒の演算による高速AF/AE追従など、『α9』シリーズを大幅に上回る新次元のスピードと高い解像力を両立しています。また、無音・無振動のサイレント撮影(電子シャッター使用)時にもフリッカーレス撮影やフラッシュ撮影が可能になり、従来は撮影が難しかったコマ間の瞬間を、屋内外問わず、撮影者の意図通りに高解像で捉えることができます。加えて、αとして初めて高精細8K30p撮影に対応するほか、4K120pや4:2:2 10bit記録など充実の動画性能を実現しています。

さらに、静止画・動画ともに現場から効率的に納品したいというプロの要望に応え、『α9 II』比約3.5倍の無線FTP転送速度をはじめとする通信機能の高速化や新規ファイルフォーマット対応など、即納が求められる報道・スポーツ現場での使い勝手を大きく改善しました。

ソニーは、2010年にEマウント搭載のミラーレス一眼カメラ初号機を発売して以来、その市場を創出し、牽引してきました。今回の『α1』導入を機に、一眼カメラによる撮影表現の可能性をさらに広げ、常に進化するプロフェッショナルの表現や撮影の要求、創造性に応えていきます。
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/202101/21-0127/

続きを読む

Source: IT速報

スポンサーリンク



おすすめの記事