1: 稼げる名無しさん 2020/10/27(火) 22:50:41.89 ID:M+QjRtNu9.net
 米メディアによると、バイデン一家の「ハードディスク事件」のスキャンダルが相次いで暴露される中、トランプとバイデンの最後のテレビ討論会終了後、米国の複数の地域でGoogle検索で「投票を変更できるか」の検索数が急増している。
 ユタ州、アイダホ州、ペンシルベニア州の住民は、Googleで「投票を変更できる」というフレーズの検索数が最も多かった。
 このうち、ミネソタ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、ニューヨーク州、ペンシルバニア州、ミシシッピ州、コネチカット州は、有権者個人が早期投票後に再度投票を変更できるようにしている州である。
 つまり、早期投票した有権者の中には、意思が変わってしまった人もいるということで、選挙の状況が変わるかもしれない。
2020年10月27日

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

あれ、これはもしかしてトランプ大統領が一気に有利になるのかお?
yaruo_asehanashi

 俺も一応HDDから流出っていう情報を見たが・・・。
 まぁあれが本当なら相当マズイかな。
 石油業界の件やアルツハイマー疑惑の件も含めてマイナス材料が多すぎるかと。

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報

スポンサーリンク



おすすめの記事