米アップルは22日、同社のアップルウォッチで、日本でも心電図機能(ECG)がが利用可能になると発表した。

近く行われる基本ソフト(OS)のアップデートに伴って機能が使えるようになるという。ECGはアップルウォッチの機能の一つで、米国などでは2018年から導入されている。

アップルウォッチの最新の「シリーズ6」のほか、従来機種のシリーズ5と4もECGに対応している。アプリを起動し、時計のつまみの部分に指先で30秒間触れると、心電図が表示される。

「正常」「心房細動が生じている」「心拍数が少なすぎる」「心拍数が多すぎる」という趣旨の4種類の表示が出る仕組み。「心房細動」は不整脈の一種だ。

アプリを起動させなくても…
続きはソース元で
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP1Q34Z0P1QUHBI00D.html

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/01/ecg-app-and-irregular-rhythm-notification-coming-to-apple-watch/

続きを読む

Source: IT速報

スポンサーリンク



おすすめの記事