1:孤高の旅人 ★ 2021/05/10(月) 04:31:18.60 ID:iLqFA6Qd9

ヤマト運輸が電子商取引(EC)の荷物を配達する際、受け取り側に配達の順番を知らせる新サービスの今年度中の導入を検討していることが分かった。阿部珠樹常務ら担当幹部が明らかにした。ヤマトは新型コロナウイルス禍で取扱量が増加しているEC荷物向けの配達サービスを拡充しており、「何番目に荷物が届く」のかを示して受け取りのタイミングを明確にし、顧客利便性を向上させる考えだ。

新サービスは、ヤマトが昨年6月に立ち上げたEC商品向けの配達サービス「EAZY(イージー)」で導入。メールや無料通信アプリのLINE(ライン)を使って、飲食店で順番待ちをする場合のように受け取り側に配達の順番を伝え、より正確に荷物の届く時間を把握できるようにする。今年度中に一部地域で実験を始め、サービス地域を広げる考えだ…
続きはソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e882a7d70d0ad14af83741e7313aee39a3bbf1b

続きを読む

Source: IT速報

スポンサーリンク



おすすめの記事