1: 稼げる名無しさん 2021/01/16(土) 12:28:21.97 ID:DoW0fd/E9.net
新型コロナウイルスのワクチン接種が世界最速のペースで進むイスラエルで12日、
接種から2週間を超えた人は、2週間以内の人と比べ、感染者数が少ないことが報告されました。
イスラエルでは先月下旬にワクチンの接種が始まり、地元メディアによりますと、
これまでに人口の2割を超える188万人あまりが1回目の接種を済ませています。
こうした中、保健省が12日、ワクチン接種に関する暫定数値を発表しました。
それによりますと、接種から7日以内に感染が確認されたのが4484人、8日から14日以内が3186人だったのに対し、
15日から22日経過した人では、感染者数は353人だったということです。
また、ワクチン接種後に入院した人は375人でしたが、そのうち、接種から2週間を超えている人は7人だったとしています。
一方、副反応については、頭痛や発熱などのほか、顔面神経まひが14例、けいれんが5例報告されているということです。

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 お、これは凄い。
 ワクチン接種で感染、重症化共に抑えられる結果が出ているみたいだお。
 ソース元によると接種をした人は188万人で人口の2割とのことだお。

yaruo_shirome

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報

スポンサーリンク



おすすめの記事